浦安の住人

堤防での黒鯛を中心しとしたヘチ釣り、浦安を中心とした美味しい食べ物を紹介します。

奥浜名湖レポート 2011/9/23~10/1 K.I.崎へ連続釣行

calendar

どうも、おつかれさまです。
「N澤社長」ことN氏です。

奥浜名湖の住人ながら、このたび浦住に居候させていただくこととなりました。
楽しんでいただける投稿を目指すことはもちろん、地元ならでは、東海エリアならではの
色が出せればと思っております。今後ともよろしくお願いいたします!!

さて、台風15号から2日後の9月23日、昼から湖内の偵察に出かけました。
どこも酷い状態、鉄の桟橋が崩壊し、大木が岸に倒れ、船が道路に打ち上げられています。
台風後の活性UPに期待してw各所を回りますが、どこも、とんでもない高潮と泥濁り・・・・
うーん、厳しいかな・・・・・そうこうしているうちに、いい加減、夕方のいい時間に。

「とにかく竿を出そう!」意を決して、K.I.崎へ。
ここは、かのH氏を2年前にエスコートして、伝説となった地磯ですw

4時頃から、浮きゴミ漂うコーヒー牛乳のなかへ打ち込みます。
しばらくすると、キレイに糸フケ、

チビが元気にあがってきましたw

しかしその後、アタリは乏しく・・・・暗くなる頃になんとかもう1枚追加して、

ま、今日は1時間程度だったし、明日以降、いい感じの濁りに落ち着いて、西風でも強めに吹こうもんなら・・・・・
こりゃ、明日以降とんでもないことになるぞ!?と、期待して、この日は終了。

翌24日は、こってりやっつけてやろうと、昼からです。
場所は、もちろんK.I.崎。

現場についてみると・・・・・ぬぅあにいぃぃぃ~!!??

昨日まであれほどのカフェオレ状態だったのが、一夜にしてド透けに!
なんだか化かされている気分、どっきりかw?
浜名湖の脅威の自浄能力!・・・・・しかし、唖然とばかりしてはいられません。

気を取り直して、カケアガリへと落とします。(2m近い透明度なのでw浅場は勝負にならず)
しっかし、台風まえに蟹拾っといてよかった~。高潮と岸に溜まる流木や枯れ枝のせいで、
蟹の姿は一切見えず。

ケフサを使います。

2時過ぎぐらいからでしょうか、ド透けにも関わらず、昨日とは比べものにならないアタリの多さ。
しかしアタリと言っても、穂先にもフケにも出ません(泣)
なぜか半身を掠め取られる蟹達を、悲しく迎え入れ続けます。こんなのをかれこれ十数回繰り返し・・・・。
夕方、風が強まってくるなか、なんとか2枚。型はありませんが落ち期の元気な引きでした。

それにしても、アタリを拾い切れていれば、今頃は2桁・・・・・つくずく自分の腕のなさに嫌気がさしますw

いい加減、イイィーッッッ!!となってしまい、翌25日。
こうなったら、数釣りするか型が出るまでやってやる、と、半ばキ○ガイのような状態で再々度K.I.崎へw
もうこうなると思考が停止していますw

相変わらずのド透け(泣)
ここまでの2日間、水潮気味のせいか、喰いも浅いし、うわずっている気がしたので、フロートラインに変更、
針も、ネムリ気味のものにチェンジしサイズも落とします。

・・・・・・しかし、喰わない。渋すぎです。

夕方、少し移動して、磯場の沈み岩の際を落としていると、ようやく糸ふけがスルスルと入り、ピタッと停止!!
鬼Aからのバトルで、42,3cmぐらいをGET。(この日はスケールを家に忘れたのでしたw)

結局、この日はこれのみ。

3日間、夕マズメ中心に攻めましたが、たいした釣果は出せずじまい。
まったくヘタクソですねw
それでも秋の奥浜名湖の空気を十分吸い込むことができました。

・・・・・そして、台風から一週間経った10月1日・・・・・あいかわらず奥浜名湖はド透けのまま(泣)

竿を出す気にもなれず、溜息まじりに窓の外を眺めると、

彼岸花。

「釣りなんか行かずに、手っ取り早くアレをやろうよ、アレを」
と語りかけてきます。

ん?アレ?
そうか!!もう、そんな時期か!!

彼岸花が満開になると合図です。

ド透けの湖奥など、もう知らん。今日はクエストをして、狩猟本能を満たすことに決定。
ドラゴンではありません、キャンサーですw

えー、まずは、最近はどこのご家庭でもすっかりお馴染みとなった蟹マンションを用意します。(間取り1K)

この中に、お隣からいただいた、イナダの頭などをセットします。
そして、日没後、暗くなったところで、家から徒歩5分ほどにある、M川河口の極秘ポイントへ投入。

一旦帰宅し、ビールなどを飲みながら2時間ほど待ちます。

そして、おもむろに引き上げに行きますと・・・・・

ああ、コレはヒドいww
40匹はいるでしょうか、大きなもの(特にメス)だけを20匹ほど選り分け、あとはリリースします。

オスの大型になると、爪が子供のげんこつぐらいあります。

翡翠色に輝いていますねw

地元で「ズガニ」といわれる蟹で、上海蟹と近縁同種です。
秋に、大雨が降った後など、産卵のため降海しますが、そのタイミングでキャッチできれば、
内子といわれるミソが詰まっています。

ミソというと、一般的にズワイガニなどの蟹ミソをご想像されるかも知れませんが、
コイツはちと違いまして、鮟肝と同じ味がします。
爪の身をほぐして甲羅にせせり込み、ミソとMIXしてから、酒と生醤油を少し垂らします。
はっきり言って蟹のなかで一番美味いですww

さて、最後はなんだかヒドい感じになってしまいましたがw
引き続き、10、11月も頑張って釣行します!!

“THE TRUTH IS OUT THERE”

にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ

この記事をシェアする

コメント

  • N氏

    ご無沙汰しております。先日、南房総へ行った時になんとモクズガニを発見しました!りかおさんと興奮して玉網でなんとか3匹ゲットしました!

    その後、色々しらべて今が産卵期ということを知り、11月の2週目にハゼ釣りをかねてモクズガニをとりにいこうと思っています。

    そこでお聞きしたいんですが、蟹カゴ以外(昼間でも蟹カゴでもとれる?)でとる方法って何かあります?他のサイトをみたところ、長い竹の先に針金をつけてそれでひっかけてとる。みたいなこと書いてありました。

    N氏のご経験を教えてもらえると嬉しいです。

    by kimd 2011年10月28日 9:56 PM

    • [Kimdさん]へ

      お久しぶりです!

      親戚経由で猪の肉がもたらされたため、今日はすでにシシ鍋で酔っておりますw
      リカオさんとの捕獲劇、楽しそうですねえw
      ええ、ええ、ヤツらはまさに旬です。
      しかし、昼間に玉網で捕獲ですか?驚きです!
      通常、ズガニは完全に夜行性で、日中は砂礫や岩の下、泥穴に潜んでいるので、夜にしかやりません。

      H氏と素潜りして無理矢理獲ったこともありますがw
      ズガニも鯊も、南房にもいるんですねえ。初耳です。現場の状況がわかりませんが、おそらく河口域でしょうか?
      その「竹竿で掛ける」的な漁法は聞いたことないですけどw「見えチヌ」ならぬ 「見えズガニ」なら可能かも知れません。
      あと、その場所が砂地ならば、投げの蟹網仕掛けがいけるんじゃないかと。地元では、石蟹やホンダ蟹をブッ込みの投げ仕掛けで狙います。
      チープなスピニングタックルで十分です。
      昼にマンションをかましたことはないですが、落ちのいまの時期ならいけるかもしれません!!
      経験上、最高のエサは鰹!とにかく青物ですね。

      by N氏 2011年10月29日 8:16 PM

      • おー、詳しい情報ありがとうございます。やつらは昼間丸見えな姿で居ましたね。ただ、こちらに感づくと速攻で穴に潜ってしまいますね。

        今回行く場所は初めて行くところなんですが、河口域で砂地という情報なので、オススメの投げの蟹網をやってみたいと思います。

        いやー、ほんとに初めて?食べましたが美味かったです!!つまようじでほじくりだして、スプーンに乗せてMILDポン酢(MILDが重要)で口に運ぶと即昇天でしたw

        その日に釣ったり、もらったりしたカワハギ・イカの中で一番美味かったですね :buhi

        by kimd 2011年10月30日 12:59 PM

        • [Kimd]さん

          MILDが重要ww
          カニ酢の要領ですねw
          ちと面倒ですが身も美味いですもんね。
          しかしなんといっても内子。やや小振りの雌に多いですが、黄色を通り越して橙色ヤツが最高ですね。

          それにしても不可解。
          写真はどう見てもズガニですが・・・・ タモで掬えるとはw地域で生態が違うのかもしれませんね。

          巣穴がわかっているなら、ザリガニ釣り方式も可能かも知れません。
          投げ仕掛けも含め、扱い的には、イカの短冊なんか使ってみるのもいいんじゃないんでしょうか?

          鯊も型が出る時期ですね。「ぶるぶるっ」の前アタリから、15cm級でも揃った日にゃ、新鮮な飴色のやつを熱々の天ぷらにして、天塩で即昇天ですねw
          またレポートお願いします!!

          by N氏 2011年10月30日 11:53 PM

  • N澤社長様

    楽しい釣行記!ありがとうございます。
    黒鯛釣りもさることながら、ズガニ捕りは魅力ですね。
    ケフサ磯蟹も自採取ですか?
    毎日が楽しそうですね。
    私も黒鯛の餌は、船橋三番瀬に良く捕りに行ってました。
    豆蟹・磯蟹・パイプ虫・フジツボ等
    そのあとに、おみやげのアサリやホンビノスを採って来ては
    近所にお配りするという楽しみがありました。
    東日本震災以後、入るのがちょこっと難しくなってしまい
    最近は、余り行かなくなってしまいました。
    また、浜名湖周辺の釣行記楽しみにしてます。頑張って下さい!

    Kimdさん、H氏南房師匠様、まいどです!

    篠崎の焼肉ジャンボは、行った事が無いですよ~。残念~!
    JJ苑・HJ苑・KE亭等は行ってますが・・・
    G角も行った事がありません。
    近いですがあまり篠崎方面では飲みませんねぇ。
    隣の春江町のもつ焼き屋・・あぶない店ありますよ。
    殆ど珍しい貴重な部位ばかり攻めて焼いてます。
    そんなとこ!喰った事ねぇ~ぞぉ~!へいきかぁ~! :-?
    それも、ほとんど半生で出てくる。痺れる旨さだけど・・・ 8-O
    アタルかも!で緊張のしっぱなし・・先に酔っちゃえば旨さ全開で
    安くて美味しい!いつも満員!常連客にフィリピン女性が多くて会話も
    弾み、まるでもつ焼きFパブに来てるみたいですよ。 :oops:
    今度、篠崎駅近くで・・ジャンボでも!どこでも!
    RFCとURCと飲み会やりましょう。
    都営新宿線で皆さん、来られるのかな?
    少人数でもいいやね。やりましょう~! :lol:

    by RFC黒鯛良夫 2011年10月6日 6:49 PM

    • 会長!お疲れ様です!
      毎度書き込み有難う御座います

      N澤社長とは、私が小学校の時、名古屋から自然あふれる浜名湖のほとりのとある町に引っ越した時からのクラスメイトでして

      牛ふんを掘り返してミミズを取って鮒を釣ったり、ゴカイをブン投げてチンタやハゼを釣ったり、用水路でヘラブナやウナギやナマズを取ったり、アユを銛で突いたり、鉄橋で電車に追いかけられたりと、それまで都会育ちであった私に自然の遊びを教えてくれた筋金入りの野生児でして、腐れ縁の仲です

      ダンゴ釣りや前打ち、落とし込みまで、また黒鯛だけでなく何でもこなす釣師ですね
      必ず何らかの釣果や狩猟に結び付けますので、会長がおっしゃる、『何か持っている』釣師の一人であると思います

      さて
      飲み会、是非ともやりたいですね~!
      本当に、いつも突然お誘いして申し訳ないです
      春江町のモツ焼き屋はあぶなそうですね~w

      ジャンボについては後程レポートします

      by H氏 2011年10月6日 8:02 PM

    • 会長 こんばんは

      N澤社長の釣行記楽しいですね!関東とは違う釣りが味わえて最高です。

      ジャンボは行かれたことなかったんですね。近いだけにって感じでしょうか。それより、Fパブのようなホルモン焼き屋いいですねー。是非、緊張しながら食べたいですねw

      都営新宿線でも大丈夫ですよ!URSメンバーは火曜日あたりがよいと思いますので、そのあたりで出来るといいですねー。11月頃企画してみましょうか?

      by kimd 2011年10月6日 9:19 PM

    • 会長様

      拙い釣行にお目通しいただき、ありがとうございます!

      先日の南房52cm~台風後のRFC爆釣、拝見いたしました。
      いつもながら惚れ惚れいたしますw

      ケフサは、夜の干潮時に拾いに行きます。POINTさえ押さえれば、夏~秋の
      奥浜名湖には腐るほどおりますw
      砂蟹も欲しいところですが、天竜川河口域でないと掘れず、家からもちと遠いため
      お手軽なケフサ頼りです。

      ほかにも、フジツボ、牡蠣、弁天蛇虫、手長海老などを自採りしますが、チヌ釣りは、餌の確保も楽しみのひとつかなーとw

      三番瀬は、いきものがすごく豊富な干潟なんでしょうね、楽しそうです。
      ホンビノスってのは確か、アメリカかかどっかから入ってきた、大アサリみたいなやつでしたっけ?殻に筋のある。あれもおいしいんですね!?

      秋、冬も何かとおもしろい日記を、みなさんにお届けできるよう頑張ります!

      P.S.

      浜松は、てっちゃん(モツ)文化が濃く、
      また、東南アジア方面の女性達との交流も大変盛んな都市でありますが、
      両方が融合しているディープスポットは、まだありませんww!!

      春江町のお店、完全に亜空間ですねww
      カタコトを操りながらモツをほおばるという、とても倒錯したプレイだと思いますww羨ましいっすww

      by N氏 2011年10月6日 10:12 PM

  • お疲れ様です
    投稿有難う御座いました!

    これまた秋の危険な浜名湖レポートですなw

    KI崎は相変わらずですなぁ
    アレですね、黒鯛が上がってますね
     
    N澤社長に連れてってもらったのは1年前ですかね
    当時の画像が出てきたので添付しときます(確か42くらいのキビレだったか)
    人がおらず、自然の雰囲気がある磯・岬でした
    さながら、リバーランズスルーイット(映画)ならぬ、レイクランズスルーイットの様相ですな

    そしてズガニwww
    アブねーーww
    いわゆるモクズガニですなw
    私が最後に食ったのは遡ること7~8年前でしょうか、
    魚波で購入して、N澤社長の家で年越しながらガッついていましたなw

    by H氏 2011年10月5日 6:40 AM

    • 〔H氏〕へ

      コメントありがとうございます。

      「マクリーンの川」ならぬ「舘山寺の磯」w
      ただし、そこにいるのはフライを振るブラット・ピットではなく、
      コマンダーだのスナイパーだの騒いでいる、我らオッサン2人でしたけどねww

      リバーランズスルーイット・・・・川は流れ続ける・・・・

      K.I.崎も、いつまでも変わらない美しい場所であって欲しいです。

      思い出しますなあ。いま考えると、あの時は、かーなーりアブナい濁りでしたね。
      冗談抜きに、水深1m以下で喰ってくるというwまさに狂乱状態でした。

      秋冬と、旬のものもまた増えますな。
      冬に帰ったら、久しぶりにモクズを食してみては?
      じんわり美味いと思いますよ!!

      by N氏 2011年10月5日 9:28 PM

      • モクズ蟹なんですね~。ソレってば、すり鉢かなんかでぐっちゃぐちゃにして味噌汁にすると即昇天ってのを聞いたことがあります。食べてみたいですなぁ。

        話し変わりますが、只今H氏はジャンボという東京は篠崎の焼肉屋で魚より美味いモノを食べていますw

        by kimd 2011年10月5日 9:51 PM

        • えぇえぇえぇ
          冬の浜名湖帰省では、味覚に溺れたいですな

          N氏、ホシガレイなんてので、辛口で即昇天なんてのは最高なワケですが

          ただし、釣り上げたら寿命が縮む、死頂星のごとき幻のカレイですがw
          アナタ去年上げましたね
          あぶないですよw

          Kimd氏、ジャンボはあぶなかったです
          中盤かなり濃厚な部位を食しましたが、意外にもしつこくなくて、肉にコクがります
          特に赤身
          次回行きましょう

          ふと思ったんですが、篠崎はRFC会長の近所?

          by H氏 2011年10月5日 10:28 PM

          • えぇえぇえぇ。

            篠崎はRFC会長のご近所だったと思いますよー。もちろんジャンボもご存じだと思われますね。

            D同苑と比較するとどんな感じなんでしょう?

            by kimd 2011年10月5日 10:37 PM

          • [Kimd]さん

            そらぁ、肉には敵いませんわww!!

            で、名前がジャンボてww

            H氏の感想によると、アブなそーですね。

            ワタクシ、最近はもっぱら血の滴るハラミですw

            「ガネ汁」のことでしょうか?
            伊豆の天城などでは、味噌汁にするようです。とにかくコクのある蟹なので。

            [H氏]

            ジャンボで、カオスに陥っているようですねww

            ええ、ええ、宇宙から飛来するといわれるホシガレイですね。釣れる確率は、宝くじ一等3億以下とかw

            FLATでは最強の食味じゃないでしょうか。浜値で15,000円/Kgも、うなずけます。

            一枚手にしてしまったので、もう逃れられません。
            死兆星を背負い、こうなったら、神話と言われる60cmオーバーを狙いますよww

            by N氏 2011年10月5日 11:13 PM

  • N澤社長

    投稿ありがとうございます!!待っていましたよ!とても嬉しいです!!

    しかし、コンスタントにあげていますね~。ヘチ釣りとは違う海へ立ち入っての釣りとはまたいいものですね。掛けた後はどのようなファイトになるのか想像もつきませんが、間違いなく楽しいことはわかりますw

    そんでもって、蟹!! uma-
    そんな大きいのがとれるなんて素敵な場所ですね。H氏とはFTU沖堤防で何度かカニマンションをやりますが、まさかのカサゴがかかったりとかで、蟹を捕えたことはありません。

    もうアレですね。日本酒で即昇天ですねw

    by kimd 2011年10月5日 12:18 AM

    • [Kimd]さんへ

      コメントありがとうございます。

      ええ、ええ、超辛口の冷やで流し込みますと、それはそれはアブない世界へ誘われますw

      この蟹は、水温が20℃切ると入らなくなるので、チャンスもあと2週間ぐらいでしょうか。もう一回ぐらいはマンションをお見舞いしたいです。
      FTUなら、巨ガザミとか入りそうなもんですが・・・・難しいんですね。

      カケアガリを転がしたり、磯に飛び乗って落としたり、浅場を打ったり、とにかくランガンですw
      さすがにこの時期はウェーダーを履きますが、1ヒロ前後で喰ってくることがほとんどなので、それでも膝まで入れば十分なぐらいです。
      沖へ突っ走ったり、深みやストラクチャーに潜ったり、平場での立ち込みも、ほんと楽しいですよ!

      FTU沖提は、私のなかでは「玉手箱」のイメージなので、10、11月もいろいろなターゲットの釣果、楽しみにしています!!

      by N氏 2011年10月5日 1:25 AM

      • N澤社長

        ハラミいいっすねー。H氏と昔よく行った「きのした」ってところがあるんですが、ココの塩ハラミが最高です。特製スパイスがなんとも言えません。

        先ほどの蟹汁ですが、こんな感じなんですかね。
        http://plaza.rakuten.co.jp/sakanablog2/diary/200802020000/

        by kimd 2011年10月5日 11:33 PM

        • [Kimd氏]

          塩ハラミ、アブナなそーですなーw

          ガネ汁は、概ねそんな感じだと思います。

          どうやら九州にルーツがありそうですね。
          有明海でも、干潟でムツゴロウをさっ掛けるついでに、シオマネキ(蟹)を獲って同じように食すと聞いたことがあります。

          いずれにしても、この食い方、砂を吐かせてからでないとキビシいと思いますがw

          by N氏 2011年10月5日 11:45 PM

          • あぶないなぁ
            汁ウマそうですな

            確かにモクズは鮟肝ですなww
            いやーこの辺じゃ見ないですね
            久々食いたいですわ

            船橋のきのしたは最高ですね
            あの塩ハラミは是非ともレポートせねばなりません

            そしてジャンボ、こちらもかなり美味いです
            ザブトンやミズジなんかもあります

            by H氏 2011年10月6日 8:18 PM

down コメントを残す




*

:-D :wink: :twisted: :roll: :oops: :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :arrow: :?: :-| :-x :-o :-P :-? :) :( :!: 8-O 8) more »

画像の投稿はこちらから