浦安の住人

堤防での黒鯛を中心しとしたヘチ釣り、浦安を中心とした美味しい食べ物を紹介します。

2012年 早春のHMMT釣行 〜戦慄の彼方へ〜

calendar

reload

2012年 早春のHMMT釣行 〜戦慄の彼方へ〜

どうも、皆さん、ご無沙汰しております。
N氏でございます。

いよいよシーズンINですね。
関東支部の皆さんも、アグレッシブに奮闘されているご様子。

H氏お見事でございます!

そして、Kimd氏、リカオさん、おめでとうございます!!

私も負けていられません!
と、その前に・・・・今年の冬は本当に厳しいものでしたね。

実はわたくし、「ある魚」が入湖するのを狙って、2月下旬から既に2012年のスタートを切っていたのでした。
例年この魚が確認されると、HMMTは春開幕と言われます。

では、壮絶を極めたN氏の早春釣行記ご覧に入れましょう。

2月26日

表浜名湖周辺、個人的に最も実績のあるPOINTへ。
写真ではまったく伝わりませんが、風ビュービュー。寒すぎる。
バッカンに汲んだ海水に触れると・・・・「ぎゃーっっっ!!」・・・・氷水です。

3時間の結果は・・・・

戦慄です。

戦慄の完全NO−A・T・Rです。
寒さで気を失いかけました。

まあ、まだ早過ぎでした。毎年この時期はこんなもんです。

3月11日

気を取り直し、この日は、例年のPOINTを敢えて外し、新規の場所へ。

結果は・・・・

せ、せ、戦慄です。
この日も完全NO−A・T・R(ノーアタリ)
ピクリともしません。気配まったく無し。寒い。

3月18日

「えぇえぇえぇ、この時期は、連続でお見舞いされるのも当たり前ですから!!」
と、自分を奮い立たせて、再度、いつもの場所へ。

結果は・・・・

えっとー、あの、
戦慄です。

3連続ダルビッシュです。
もう、負け癖がついてきました。アブない。

3月28日

もう失うものはありません。
やってやるって。
やるってんだから仕方ないじゃないかーっっ!

この日は代休取得。
いつもは釣り人の多いこの場所も、今日は広々使える!
テンション高めで現場に着くも、過去見たことも無いほどの潮位の低さに愕然。(泣)

若潮だからしょうがないか。気を取り直してスタート。
しかしこの眺め、癒されるねぇ。

ところが、第1投の直後、さきほどまでの青空が急激に暗くなり、いきなりの雨!!
オレが何したっつーのっっ!!えー?おい!?

まだ始めたばかり、餌もたんまり残っている・・・・帰るわけにはいかない。
雨はすぐ止むと踏んで続行を決意。

人間、追い込まれると思いもよらぬ行動に出ますね。考えるより先に、体が勝手に動きました。

・・・・まあ、なんということでしょう。
海岸に漂着しているTA‐KEを用いて、念願だった雨宿りスペースが完成しました。

ジャパニーズ・HO‐KO‐RA(祠)です。
そう、ここへわたくし自らが御神体として入るわけです。

雨の中、釣りを続ける方も数名残っていました。

しかし、浜名湖アンダー・ザ・ブリッジと化したわたくしをちらっと見るや、即行で目を背けます。
普段やたらに「アブない」とか連呼していますが、本人が、リアルに危ない人になってしまいました。

雨は1時間ほどでやみました。
が、結局この日も、夕方過ぎまでやって完全NO−A・T・R

ここまでの4回、釣りに出かける週末のたびに、なぜか寒波に見舞われました。(泣)
しかも、潮回りが悪かったり、流れ藻が酷かったり、状況に恵まれません。
いよいよ時合い突入か?!というタイミングで、投点上に漁船が襲来し、
悠々と底曳き網を始めるという、不運な回もありました。

とはいえ、例年は3月も半ばを過ぎれば、アタリも少しぐらいは出始めるし、
岸辺にもヤドカリや小女子なんかも見えるんだけどなぁ。計20時間近くやって生命感ゼロ。
(夜釣りなら違いますけどね。)
厳しい寒さと、季節の遅れ・・・・ただそれだけならいいのですが・・・・
なんとなく、昨年の震災直後に雰囲気が似ている気もして・・・・怖い。

実は、この拭い切れない不安を生むことになった戦慄の出来事が、
初回の2月26日に発生していたのです。

この日、もう帰ろうかという夕方ごろ、暇と寒さとで、不覚にも椅子に座りながらウトウトしておりました。

なにか気配を感じハッと目を覚ますと、潮上から、どんぶりこっこー、となにやらゆっくり流れてくる
ではないですか?

おんやぁ?
ごみ袋?・・・・ポリタンク?・・・・古タイヤ?・・・え、何?

そして目の前まできた時、あまりの衝撃に絶叫しかけました。

・・・・シャチ?イルカ?スナメリ?

遺骸は傷んでいましたが、間違いなく歯鯨類です。体調1mぐらいだったので子供でしょうか。
ここ浜名湖ですよ!?

しかもこのPOINTは中央部に近い。完全に汽水域です。
20年以上浜名湖を見ていますが・・・・・こんなものを目にしたのは初めて。

さらに、3月19日には、こんな事件まで〜ww

【浜名湖UMA】

謎の巨大生物が浜名湖内に出現?!

地元漁師もはじめてらしく。
なんでも体長が4、5mぐらいあったようで、地元警察が出動する騒ぎになりました。
親鯨が迷い子を探しにきたのかも知れませんね。

それにしても、太平洋沖合で異変が起きているのは間違いないかと。
いよいよ、くるかも知れません。

さてさて、とんだシーズン幕開けですが、わたくしは何を狙っていたか?
落ちを迎えた鰈(マコガレイ、イシガレイ)、ええ、それはもちろんですが、
それだけでこんな寒い中、取り憑かれたように足を運びはしません。

ほとんどキ○ガイのようになって、狙っていた本当のターゲットはといいますと、

夢幻魚「ホシガレイ」

写真は、昨年の3月初頭、奇跡的に捉えることに成功した1尾です。

宝くじ並みの確率と、極上の食味。
手にしたものは寿命が縮まるとさえ言われる死兆星のごとき魚です。

30cmほどと型は小さかったですが、膝が震えました。
今年もすでに何尾か揚がっている模様、55cmという大物も現認されています。

あと1ヶ月、鰈にしがみつくか、チヌと海津をスタートさせるか・・・・
悩ましいこの頃です。

では、また。

“THE TRUTH IS OUT THERE”

にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ

この記事をシェアする

コメント

  • N氏

    既にご存知かもしれませんが、浜名湖でホシカレイあがったそうですね!!

    http://marui.hamazo.tv/e3175353.html

    by kimd 2012年4月25日 8:08 PM

    • [Kimd氏]

      えぇえぇえぇ、
      あんまり煽らないでくださいw

      狙うの止めた途端にコレだもんなー、まったく忌々しいったらないw

      わたくしも、とっとと定年して毎日狙いたいですよw
      ここ一週間ほどで、ほかでも45cm級が1尾揚がったとのこと。

      ほんっとに読めない魚です。
      まあ、「生涯で1尾」と言われるヤツですから、毎年釣ろうなんてのは虫が良過ぎ・・・・ってことで、ライフワークとして続けていこうと思います。

      それにしても、MいのYちゃんブログ、そちらでもご覧になってるんですねーw
      ちなみに先週ぐらいまで遡ってみてください。

      表弁天の陸っぱりルアーで、アンコウ(おそらくクツアンコウじゃないかと)が釣れていますww

      前代未聞の珍事、ついに深海魚が入湖してしまいました。いよいよあぶないw

      by N氏 2012年4月26日 8:37 AM

  • N社長様 お久し振りでございます。

    いやー凄い忍耐の釣りですね。
    しかし、祠の仙人様では、耐え忍ぶを通り越して楽しみに
    なっちょる処が凄いですね。
    ☆カレイは、それだけの価値がある魚なんですね。
    しかし、子供心も満載の釣りで楽しそうですね~。
    ウチの近所で見た事あるなーって、思ったら・・・
    荒川や中川に同じ感じの・・ホコラが・・・
    屋根にブルーシート張ってありましたぁー。
    ホームレスのおっさんち。・・・でした。メンゴ!
    あの・・あっさん達も始めは釣りをしていて住み着いてしまったのかな?
    とんでもない・・想いが・・すみませんです。(笑)
    楽しい釣行記をありがとうございます。

    by RFC黒鯛良夫 2012年4月13日 3:15 PM

    • [会長]

      ご無沙汰しております。
      コメントありがとうございます。

      そうなんです、河川敷で鯔や手長蝦などを狩っているうちに、いつのまにかブルーシートを・・・・

      って!?

      いやいやw、確かに祠仙人のあたりでは「こりゃ、住んだほうが早いな」って思いましたけどw

      ☆は、なんだか魔力のようなものがありますw

      こうまでヤラれると、ある程度、鰈への踏ん切りもつきましたので、わたくしも鯛に移りたいと思います。
      こちらも、日に日に水温が上がってきました!

      by N氏 2012年4月13日 11:43 PM

  • お祝いの言葉ありがとうございます。

    あぶないですってw
    祠はw

    しかし、同じ境遇にいたら同じ行動に出ていたかもしれません 8-O
    釣りも含め、そういうのが楽しかったりするんですよねー。

    いやー、このまま鰈を追いかけて欲しいのに1票!!

    by kimd 2012年4月11日 10:01 PM

    • [kimd氏]

      えぇえぇ、

      「釣れなくても楽しい。釣れればもっと楽しい。」ですね。

      我ながら「祠」は、さすがに来るとこまで来たなと思いましたw

      残念ながら、ホシガレイは4月に入ると絶望的なので、あとはマコ・イシですかね。GWぐらいまでは狙えるんですけど。

      鰈は、春を逃すと次は秋のノッコミ待ちになるので、悩ましいところです。いい加減、鯛の引きも恋しいですしw

      とにかくシーズン開幕です。今年もどんなドラマが生まれるか、楽しみです!

      by N氏 2012年4月12日 10:47 PM

  • S原です。

    大変厳しい戦いですね。私は3週間魚を見ていない状態が続いています。いつ見られることやら。

    ちなみに南房の磯ではザトウクジラが打ちあがっていたそうです。なにかあるかもしれません・・・。

    by S原 2012年4月8日 7:21 PM

    • [S原氏]

      ザトウはあぶないですねーw
      東京湾岸、各所で鯨類が打ちあがってるようですね。駿河湾でも深海魚などがかなりあがっちゃってます。
      備えは必用ですが、私たちはとにかく釣りに行き続けるしかありません。
      起きること自体は防げませんから。

      大丈夫です。
      釣れなかった間の記憶は不思議と薄れ、良い思いだけが残っていきますw
      ま、だから、足を運んでしまうんですけどw

      心強い先輩方に恵まれていますから、メキメキ腕を上げてください!

      by N氏 2012年4月9日 12:10 AM

  • いやー、アブナイなー
    祠あぶないってww
    今まで、いつかそういう時が来る予感もありましたが、ついにサティアン建築に至った訳ですなwww

    極寒の中、竿先をうつろな眼で見つめ固まり続けるN氏
    狙うはホシガレイ・・・もはや御神体を超え、即身仏ですなw

    しかしこれ、どうなっとるんじゃ??
    奇妙な自然現象が・・・
    津波ハザードマップが改定されて、アノ辺は20~30mクラスが来るみたいですが・・・
    とにかく色々あぶなすぎて、今年のホットスポットになる事は間違いなさそうですな :evil:

    by H氏 2012年4月6日 8:13 PM

    • [H氏]

      えぇえぇ、
      固まります、固まりますwPEラインの先に涅槃が見えました。

      祠に入った時は、体が少しだけ宙に浮いていたと思いますねw

      到達基準は一気に10倍の高さになりました。
      今シーズンも無事に釣りが楽しめるのを願うばかりですが、HMMTは例年より一ヶ月ぐらい遅れているような印象です。

      by N氏 2012年4月7日 11:38 AM

down コメントを残す




*

:-D :wink: :twisted: :roll: :oops: :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :arrow: :?: :-| :-x :-o :-P :-? :) :( :!: 8-O 8) more »

画像の投稿はこちらから