浦安の住人

堤防での黒鯛を中心しとしたヘチ釣り、浦安を中心とした美味しい食べ物を紹介します。

2012年7月 梅雨明けのHMMT ちょいレポ

calendar

あ、はい。
Nでございます。

ここ最近の皆様のご活躍を拝見し、自分が情けない今日この頃。

6・7月と、仕事だの資格試験だの、いろいろと野暮用に追われまして、
ロクに釣行できませんでした。

しかし、何もしていなかったわけではありません。
仕事を終えて帰宅すると、夜な夜なシコシコと内職をしておりました。

毎日少しづつ作業を進めまして、

G・Wにブチ折られた忌わしきメバル竿を、6.3mの前打ち竿へとりボーンさせました。
折れた節は、鮎用のカーボンに差替え、穂先はグラスを使用です。

最後、エポキシにアルコールランプをあてまして、
「よし、これであとは一週間ぐらい乾燥だな。」と。
・・・・しかし、まあコレ、一週間も待てるはずがありませんw

気付けば翌日には、自宅近くのPで、一時間ほど入魂の儀。

モゾモゾきたので、少し送ってAすると、2・3回鋭い引き込み!
ただし、その後は何だか「ブンッブンッ」と首を振るような動きです。

あがってきたのは・・・・

まさかの!?M・G・C(真鯒)!

岸から蟹を落して、しかも湖奥でマゴチとはw
初経験です。

ま、持ち帰って、唐揚げにしましたけど。
いやー、夏の鯒は美味いですなあ。
もう少しデカければ、氷水で締めて、洗いで食いたかったですね。

実は、もうひとつ遊びが。

メバル竿の改造のため、みんな大好き「Iグロ」にて、いろいろ材料等を揃えていたわけですが、
そこには、中古釣具コーナーも併設されています。

ある日、何気なく中古品を見ていると、ある竿から私を呼ぶ声が。

今では部門撤退してしまったOLYMPIC社の、6本継ぎ6.0mへら竿です。
使用感もほとんどない良コンディションで6,000円、購入です。

箱、袋付き。・・・・・で、その箱を見てビックリ!70,000円のラベルが!!
当時は高かったんですねえ。コレは得した気分。

えー、この竿も同じようにシコシコ内職します。

メバル竿改と同じく穂先はグラス。ただし、ガイドはすべてリングガイドにしました。
木製の肘アテをしつらい、リールシートは少し贅沢して籐巻きで取り付け。

するとまあ、なんということでしょう。

売り場の片隅で忘れ去られようとしていた、オールドクラシックな代物が、
5本継ぎ4.0mの落とし込み竿へ変身しました。

さて、完成したはいいものの、
実際、浜名湖ではこの竿、あまり使い道が無いのですw
超軟調なため、表方面ではまったく流れに歯が立たず、湖奥ではちと短い。

じゃ、どういうつもりで、こんなものを造ったのか、って?

造りたくなっちゃったんだから、しょうがないじゃないかーっっつ!!
完成してから考えようと思ったんです。

さて、この竿にも入魂の儀。

7月21日(日)
昨年までは攻めたことのなかった新規のPへ。
地磯で潮通しが良く、生き物がたーくさんいそうな場所です。

しかし、現地に着いてみると、どうも様子がおかしい。
湖面をよーく見ると、サッパがハクハクしながら泳いでいます。
岸際を、ふらふらーっと泳ぐ鰻にも遭遇。

まさかっっっ!?!?

戦慄の、軽い苦潮発生。(泣)

苦潮は浜名湖では、年に2、3回起きますが、
簡単に言いますと赤潮みたいなもんです。
長く居座る低気圧、加えてここ数日、「むわーん」という嫌ーな東風が続いていました。
そのせいか・・・・。

どうせなら、酷い苦潮になってくれれば良かったのに。
そうなれば、フクフク状態の海老や蟹なんかが、大量に打ち寄せられて、
海岸は祭りと化すからです。

ま、やるしかないか・・・・。

予想通り、アタリはほとんどもらえず、蟹では戦慄のNO-A.T.R。

マイクロイガイを落して、ようやく幽かにアタリが。
なんとか掛けると、元気な引きの30チョイ。

小さいですが、なんせ竿がグニャングニャンなんで、超気持ちいい。(なんも言えねー。)

とまあ、最近は、果たして自分でもどこに向かっているのか、よくわからなくなってきましたが、
皆さんに追いつけるよう、夏本番を頑張ろうと思います。8、9、10月やるぞー。

えぇえぇえぇ、これからが楽しみすぎるんですがww

では、また。

“THE TRUTH IS OUT THERE”

にほんブログ村 釣りブログ ヘチ釣りへ にほんブログ村 グルメブログ 関東食べ歩きへ

この記事をシェアする

コメント

  • :-D N澤社長様、どうもです!

    メバル竿で・・・照りコチですかー!まして最奥湖で!
    素晴らしすぎます~! 旨かったろうなぁー唐揚げも。
    次回は、何を釣るのか・・・楽しみです!

    ヘラ改も黒鯛掛かれば・・・おもしろいですよね!
    私も以前、ヘラに凝っていたので、ヘラ竿が5本ありましたが、
    その内の2本にガイドを付けて、東京湾最奥部で前打ちしました。
    今、人気の東京ゲートブリッヂ下の若洲人工磯辺りです。
    いやー45~48cm位の黒鯛が何枚か掛かりましたが・・・
    どうする事も出来ないほど・・・向こうに主導権を取られて
    あっちいったり、こっちいたりで・・・もうー大変だった事が
    思い出されました。もうー手元の辺から竿が曲がっている感じでしたかね、
    ドキドキ楽しかったです。これはこれでとても面白いです。
    釣りを満喫してる感じがして、とても良いですよー! :mrgreen:

    by RFC黒鯛良夫 2012年8月3日 11:43 AM

    • >会長

      おつかれさまです。

      戦慄のロクマル、拝見しました!!

      針を伸ばす奴等がまだまだ潜んでいる、と思うと、このドキドキ感ったらサイコーですっっ!!

      照りゴチはベイトを追ってかなり岸まで寄る、ってのが、今回わかりました。

      ゲートブリッジの袂、その昔、人工磯だったんですねー?!衝撃です!!

      へら竿改の前打ちで50近くとか、マジで凄過ぎで考えられませんがww
      おっしゃること、とってもわかります!
      平場なのに、竿の根元からまるで高堤のごとく真下に竿が入っちゃって・・・サイコーに気持ち良いんですがw、コレ、起伏のあるケーソンやストラクチャー周りでは成立しないですよねww

      by N氏 2012年8月4日 12:04 AM

  • 内容の濃いレポートありがとうございます :-D
    コレはちょいレポではないですよ(笑)

    しかし、アノ折れたメバル竿が生まれ変わりましたな。
    そういうなんていうんですか、少し壊れた(だいぶ壊れたようですが)からといって捨てずに何か違うモノを生み出すなんてのは天晴れです。

    またへら竿改良はどこへ向かおうとしているのか分からなくなりそうですが、
    もうビヨンビヨンなっちゃってそうですね。ハエ竿みたいな感じですかね?

    最近、ご多用のようですが、キッチリと釣果をあげてるもの凄いですね 8-O

    楽しい釣行記ありがとうございましたー。

    by kimd 2012年7月25日 10:54 PM

    • >Kimd氏

      コメントありがとうございます。

      竿、改造するのも楽しいもんです。
      もともと地味な作業好きなんで、性に合ってるかもしれませんw

      へら竿改は、もうアレですね、究極の全体調子というか、ひたすらしなやかさのみという感じなので、何が掛かっても決して折れることはないと思います。

      しかし、「ウキ何百個も自作して、釣りには行かない人」みたくなるとマズイのでw
      あくまで、実践主義でいきます!

      by N氏 2012年7月27日 8:30 AM

  • えぇえぇえぇ
    メチャクチャ香ばしいレポート、お疲れやまでございますw

    しかしメバル竿、筍竿の如く昇華させましたな
    かなり軽いはずなので、攻め易そうです
    そして入魂がコチとは・・・夏のH名湖真っただ中、遠州の粋を感じますな
    さすが味のある素晴らしい釣行です、やはりタダもんじゃねぇわw

    このヘラ竿改良も危険すぎますな~・・・ホント、なぜこうなったのか動機が知りたいですわw

    苦潮、惜しかったですな~
    自分は遭遇したことはありませんが、ドウマン祭りになるって噂じゃないですか
    そうなりゃ釣りどころではありませんなww
    その夜は極上の宴が約束されます :twisted:

    by H氏 2012年7月24日 10:32 PM

    • >H氏

      えぇえぇえぇ、方向を見失うとマズイので、しっかり鯛釣りに精を出したいと思いますw

      いやー、しかし中途半端苦潮な苦潮には参りました。
      私も未だ遭遇したことはありませんが、Dマン祭りは、H名湖の神話と化しております。
      収穫高に換算すると、数十万円に達するからですw

      でも、車海老祭りには出くわしたことがあります。
      20cm〜級のが30本ぐらい獲れましたねー。

      どうやら苦潮にも毎回個性があるようです。

      by N氏 2012年7月27日 8:42 AM

      • いやー、土用の丑の日ってことで、HMMT(浜松)界隈の現地報道をチラチラ見ます
        気温が36℃前後のようですね・・・東京より2度高いww

        これだけ照ってくると、盆のT堤を思い出しますな~
        地獄の暑さでした

        日暮れに、帰船上で心地よい風を浴びながらドックに向かい、帰宅してひとっ風呂、そしてM間のゴールデンコース
        あぶなすぎますってww

        by H氏 2012年7月27日 1:04 PM

        • >H氏

          えぇ、HMMTは、屋外に出て何かするには危険な暑さになってきました。
          気が狂いそうですw

          思い出しますなー。

          あの流れに匹敵するぐらいアブナイものって、そうそう無いですよww

          やりましょー!!

          by N氏 2012年7月27日 8:05 PM

down コメントを残す




*

:-D :wink: :twisted: :roll: :oops: :mrgreen: :lol: :idea: :evil: :cry: :arrow: :?: :-| :-x :-o :-P :-? :) :( :!: 8-O 8) more »

画像の投稿はこちらから